うつ病の診断を受けてみよう|心の不調をすぐに解決

心の病を治そう

診察室

症状と治療

一重にうつ病と言っても様々な症状があります。その中で、もっとも多いと言われている症状が抑うつ気分です。症状としては悲しい、憂鬱といった2週間以上も続き、時には自分の体を自ら傷つけてしまうこともあるそうです。体の異変に気が付いたら、一人で悩ず近くに病院に行くことをお勧めします。もし、一人で病院に行くことに躊躇いがある場合は自分が一番相談しやすい相手に話してみて下さい。話すことで、気分が少しは軽くなるはずです。決して一人で抱えこまないでください。診察は精神科で行われています。基本的に内科と同じ内容で受付され、診察が始まるため緊張する必要はありません。自分が気が付いたうつ病の症状を伝えましょう。初めに予診として、病歴や症状についての原因について質問されます。現在の人間関係や自身の生活スタイルについても聞かれることがあります。正しい診断結果のために的確に回答するように心がけてください。次に検査が行われます。体重測定や血圧測定といった健康診断で行う基本的な内容です。なにか身体に異常がないか確認し、症状との関係性を調べます。最後に診察を行い診断の結果を出します。現状で悩んでいる出来事や変化について聞かれます。言いたくない出来事であっても、起こった事実について話すことが重要です。診察する医師は患者の話の内容や表情で判断を行います。うつ病だと診断がでたとしても、落ち込むことはありません。適切に治療をすることで症状も軽くなっていきます。重要なのは自分自身がうつ病と向き合うことです。心の問題はどの世代にも存在するものです。うつ病に年齢は関係ありません。あまり聞かないかもしれませんが、子供のうつ病も僅かながら存在します。ある程度の年齢では、症状に気が付き口にだすこともできますが子供だとそうはいきません。急な体調不良や感情の起伏の変化が激しい場合は要注意です。気が付いてあげられるのは親しかいません。また、思春期の男女にも注意が必要です。特に女子の方が問題を抱えている場合が多く、その原因の多くはSNSへの依存があると言われています。うつ病だと診断された後に治療が始まりますが、調子がよくなったからと言って勝手に薬を減らさないようにしましょう。治療は一進一退です。自分の判断だけでなく医師の診断を仰ぎましょう。薬の投与期間はきちんと守ることを心がてください。再発の多い病だとも言われています。適切な治療法を行わなければ再発の危険性は高まります。病と根気よく付き合っていくことが重要です。そして、もう一つ気を付けるべき点があります。病になった原因である出来事が特定できている場合は注意してください。治療が順調に進み良くなったとしても、同じよな事象が再び起こった時はその事象が引き金となり再発する恐れがあります。なので、原因については自分一人ではなく家族とも話し合い、危険だと判断した場合は何らかのサインを送ることをおすすめします。起きてからではなく、起きる前に気が付くことも重要です。どうしても、つらい場合もあります。そんな時は一時的ではありますが、入院するという方法も視野に入れましょう。

Back to Top